オイル交換から車検まで

エンジンオイルはエンジンを保護し、また動作をスムーズにする作用と冷却する作用があります。エンジンオイルの交換の目安を3,000km~5,000km走行毎、もしくは3ヶ月~6ヶ月でお勧めしています。
お客様のご使用状態により劣化の度合いは異なりますので、エンジンのコンディションを良好に保つために、早めの交換をお勧めします。
オイル交換2回に1回はオイルエレメント(フィルター)の交換をしましょう。ミッションオイル、デフオイルなども劣化していきますので交換が必要となります。 一般的な使用環境での交換目安は2年間です。
オートマチックフルード(ATF)は2万km走行、もしくは2年が交換目安です。
ブレーキオイルはブレーキペダルを踏み込んだ力を制動装置に伝達するために重要なもので、日常点検が必要です。

オイル交換

使用しているうちに、エンジンオイルは劣化してしまいます。
エンジンオイルが汚れてくると、「燃費の悪化」「出力の低下」「オーバーヒート」「エンジンノイズの発生」の原因となり、故障につながりかねません。
だから、定期的なエンジンオイルのチェック&交換がおすすめです。

タイヤ交換

クルマを支える重要な役割を担っているのがタイヤです。
昔「タイヤは命を乗せている」といったCMがあったように、タイヤは、道路とコンタクトをとる唯一の大切なパーツ。
自分の走りにマッチしたタイヤ選びができるよう、お手伝いをさせて頂きます。

バッテリー交換

バッテリーはクルマを動かし始めたときから徐々に弱ってきます。
通常2~3年が寿命といわれています。
エンジンがかかりにくい、バッテリー液の減りが早い、パワーウインドーの開閉が遅くなるなどの症状がでてきたら交換時期です。
早めの交換がおススメ!

整備・車検

一般整備も車検もお任せ下さい!
お見積りはもちろん、車検に関する質問・ご相談にスタッフが丁寧にお答えいたします。

車検日が近い方!
費用が気になる方!
ついでに板金・塗装も!
お気軽にご相談ください!